カテゴリー別アーカイブ: 未分類

完組ホイールのおススメメーカー

完組ホイールとして有名な、マビックのエントリーモデルのホイール、アクシウムはタイヤとチューブとスプロケを含んで1.880キロと非常に軽量な上に、マビックの中で最も安価なモデルになっています。
新品状態のスペックであり、カタログに記載されているものとほぼ同じなので確認してみてください。

アクシウムには、アクシウムワン、エリートなど、いくつかの種類がありますが、どれもエントリーモデルであるアクシウムの派生ですので安価に購入できます。
しかしその分、それぞれで性能に大きな差があるわけではありませんので注意してください。

特にマビック商法と呼ばれているほど、独特な売り方をしているので、十分に検討してみてください。

他の完組ホイールとしてはカンパニョーロやフルクラムなども
ありますが、どれもツールドフランスでも使用されている走行性能に定評のある
ホイールです。

最初の漕ぎ出しはともかく、一度勢いがついて速度に乗ると、ぐんぐんと加速していきます。
レースから街乗りまで幅広く使えるホイールです。

ビアンキはやはり人気

イタリアの自転車メーカーとして長年君臨しているのが、ビアンキです。
老舗メーカーの一つで、チェレステグリーンというコバルトブルーと緑の中間色という独特のシンボルカラーが特徴です。

自然の青空をイメージしたような、きれいな青緑色で知られるビアンキは創業1885年という歴史を持つメーカーで、数々のレースでも優秀な成績を残し続けています。
オルトレに乗った方は口をそろえて、長時間乗っていても疲れずに安定感やスピード感が抜群という感想を挙げます。

ビアンキはロードバイク以外にも、クロスバイクやマウンテンバイク、折り畳み自転車など、あらゆる場面に対応できる自転車を開発しています。
さらにはウェアやヘルメット、シューズなど、自転車に必要なものもたくさん販売しており、根強い人気があります。

自転車からウェア、小物類までビアンキで揃えることも可能なほど、大きなメーカーですので、是非とも見てみてください。

スポークの重量、材質の違いによる走行性能

スポークの重さは、手で組む方は配置を考える必要があるためとても気になるかもしれません。
スポークの材質、品番、本数などでかなりの影響を与えるので、自転車の完成品ホイールでもスポークは非常に重要な部分になります。

スポークには通常、ステンレスやアルミ、カーボンなどが用いられ、例えばカーボンならカンパニョーロホイールのボーラなどがありますし、ステンレスやアルミなら、言わずと知れたゾンダやレーシングゼロなどが筆頭に挙げられます。
スポークはハブとリムを結節するために使われる部分で、それ以外には何もありませんが、空力や乗り心地、加速などに強く影響します。

中にはリムよりもスポークを重視して空力を考えるべきだというライダーもいるほど、スポークは大切なものになっています。

一般的に、薄いスポークが空力が良いといわれていますが、昔ながらの丸いスポークも根強い人気があります。
例えば中華のカーボンホイールでは、ハブとスポークの質を変えることでグレード分けしているというメーカーもあります。

ラインナップを見てみるとわかりますが、エントリーとハイエンドで150グラムほどの差があるメーカーもあり、言ってしまえばハイエンドにすれば150グラムほども軽量化できる、ということです。
さらにもっと言えば、重さの面をリムに背負わせて、スポークを極限まで軽くすることで軽量をうたっているというブランドもあります。

メーカーやパーツが多い以上、挙げればきりがないほどの選択肢がありますので、比較サイトなどを使って自分で検証していきましょう。

正しいダンシングをマスターしたい

ロードバイクの世界では、ダンシングという走り方があります。
ダンシングとは、自転車に乗り始めた小学生から大人まで、自転車に乗ったことのある人ならだれもがやる「立ち漕ぎ」のことです。

坂道に差し掛かったとき、腰を上げて力強くペダルをこぎ、一気に走り切るというあの走り方です。
とても座ったまま漕ぐのでは登れなさそうな坂道に、特に有効なあれです。

立ち上がることで力強くグイグイと登れるので、多用しているという人もいると思いますが、ロードバイクに乗るようになってからも、同じようにやっているのではないでしょうか。
いわば「我流」のままダンシングをしていないでしょうか。

ダンシングはきついからあまりやらないとか、一気に体力を使うから使いどころは慎重に選ぶなど、人によってさまざまあると思います。
しかし、それはダンシングにおいて改善の余地があるということにつながります。

おそらく、立ち漕ぎについて誰かから教わったことはあまりないはずです。
一度、ダンシングについて見直してみると、意外な発見があると思います。

自転車で時速30キロを維持する

最近ようやく走れてきたから、時速30キロで走り続けるのも行けそう、とお思いの方もいると思います。
でも、実際に測ってみると30キロというのは意外に難しいのです。

確かに普段走っている時、30キロぐらいは頻繁に出ていますが、それは追い風のおかげとか緩やかなくだりなど、意外にもほかの影響を強く受けている可能性があります。
そもそも、普通の道路で時速30キロを出し続けて走ったとしても、ほぼ間違いなく信号につかまります。
普通の道路で10分や20分という時間走るのは、自転車専用道路などだとしても、非常にまれなことです。

もし、車道とと交差しないで走り続けられるようなところがあれば、そこで練習してみてください。
継続して30キロを出すのはおそらく、かなり難しいと思います。

時速30キロで30分走るとしたら、単純計算で15キロ走り切ることになります。

それぐらいの距離を目安に、練習してみましょう。

苦戦のロードバイクポジション

ロードバイクの乗車ポジションは、走っている状態を想定して決めていきます。
ですので、停止状態は非常に不安定になりやすいのです。
実際、事故やケガは停止時のほうが多く見られ、非常に危険な状態ですので、是非とも乗り降りから練習していきましょう。

まず、乗るとき、降りるときは必ず左側に立ちます。
右側は車道となり、大変危険なので、必ず左の歩道側に立津用にしましょう。

乗るときはまず、自転車をまたいで右足を右ペダルに載せます。
そのまま漕ぎ始めてから、左足を左ペダルに載せて走ります。

止まるときは、左足を地面におろしながらお尻をサドルの前に移動させて、お尻を浮かすような体勢にします。
この時右足はペダルに載せたままで、左足で体を支えながら、右足をおろしていきます。

これが最も安全で、ケガの少ない乗り降りの仕方になりますので、是非練習してみてください。
公園や自宅の敷地内など、安全な場所でやるのがおすすめです。

走ることに気を取られて、乗り降りであたふたしないようにしましょう。